HIPPOPOTAMUS

コブクロを愛する河馬の戯言置き場。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Team kobukuroを観たテンションのままで

20061114164022
やっとレポです!
お待たせしました~!(待ってない)
初めてなので拙いとこはあるかもですが、それも愛敬ということで………;
では、香川県民ホールコブクロライブレポを読みたい方はどぞ!!
とてつもなく長いです、ご注意を!!!











香川県民ホールでの「Way Back to Tomorrow」ツアーライブは俺にとって、三回目のライブ&三回目の生コブクロ&初レポ挑戦のライブです!!
席は三階の(コブクロいわく)左モミアゲ席(笑)
一階席はハルとRIKUに譲ってあげました(前の席とほぼ同じだったので)
黒田サンのでかさも分からないほど俯瞰で観るのも、バンドが全部見えていいですね。。
受付を抜けると、DENPOのCM…というかお二人がコブクロDENPOの紹介をしてる映像がかかってました。
全部は見れなかったですが、面白かったです(笑)
工芸展の片付けの後だったので、ギリギリで入ったのですが、開始が十分ほど遅れたので問題なし(え)
同じ学校の制服を見つけてすでにテンション上がってました、「友達になりたいーーー」って(苦笑)
ステージは紫を基調にした照明に包まれてて、なんか不思議な雰囲気。
外国語の曲が流れてたように思います。
袖からお二人が現れ、客席は拍手の渦!
さすが香川県民、大阪には負けません!(張り合うな)
ステージが明るくなって、ライブスタートです!!




1.「君という名の翼」
この曲が一曲目なのはテレビで知ってしまいましたが(苦笑)、パワーのある始まりでした。
黒田サンのハモリ、声でか!!!(笑)
んで小渕サン回る回る(爆笑)
めちゃめちゃ可愛かったです(12も上なのに…)

2.「潮騒ドライブ」
三階から見ると手の振りを間違えてる人がよく分かる(笑)
1、2、3回目と、だんだん減っていきましたねー。
最後のほうは、黒田サンが少し早く振りすぎでした(爆)
この曲も小渕サン回ってました(笑)

3.「YOU」
相変わらずなんか可愛い歌ですねー。。
「『支えるから』なんて言えたらいいなぁ…!!」のとこの黒田サンの声が優しくて柔らかくて……。
あと最後の「支えるから… 支えるから…」も!
何故か曲の中の主人公とその彼女をひやかしたくなりました(オイ)




まずは衣装。。
小渕サンは縞柄のシャツの下に黒っぽい服着てました。。
ジーパンで靴はブーツ、当然ジーパンの裾をブーツにin!です(笑)
黒田サンは白で絵の入った服の上に黒のジャケット、黒ズボンに白い靴はいてました。。

小渕サンが「ようこそーー」みたいなことを言っているにもかかわらず、何故か「おいでやすーー」な黒田サン、最初っから全開です!(爆)
小渕サン「やっぱり香川いいねー」
黒田サン「僕はあれですからね、駐車場月極で借りてますから」(笑)
小渕サン「月極て」(笑)
黒田サン「月極更新してくださいーー」
小渕サン「広げるなぁ月極で」
とまぁ、一通り月極で盛り上がり(笑)

小渕サン(かな?)「コブクロライブ初めての人ーー?」
1/3くらいいたかな?
結構いました。。
小渕サン「前も来た人ーーー?」
自分も母も拍手!!(笑)
もう、わぁぁぁーーーってなってました(伝わらんて)
黒田サン「ほんま?半分くらいは覚えてるんやけどなぁ」なんでやねん(笑)
黒田サン指差しながら「さっちゃんみっちゃんまっちゃん」(爆)
で、恒例のどこから来たの?のコーナー(笑)
小渕サン「香川の人ーーー?」
自分と母拍手!!
だいぶいました、たぶん半分以上香川県民(苦笑)
小渕サン「愛媛の人ーーー?」
パラパラと;
めっちゃ少なかったです;
黒田サン「香川の人引いてる 四国でも派閥があんねん」
小渕サン「香川派とか?」ないですよーー?(笑)
んで続き(笑)
小渕サン「高知の人ーーー?」
愛媛よりは多かったですね。
小渕サン「徳島の人ーーー?」
香川の次に多かったかな?
黒田サン「徳島の人ー?」再び(笑)
拍手が起きます。
黒田サン「愛媛の人ー?」
………あれ?;
ほとんど拍手なし?;
黒田サン「愛媛油断しすぎやろー(笑)」
二回来るとは思ってなかったんでしょうね;
小渕サン「岡山の人ーーー?」
結構いたんですが、拍手してるのがほとんど三階席の人。。
黒田サン「岡山三階に追いやられてるやん」
(受付の人の口調で)黒田サン「あ、岡山の方でしたら三階に…」(笑)
すいません、そんな差別はしてないです(爆)
黒田サン「岡山の人ーー? ほら、空回りしてる!三階自体空回ってる!携帯と三階の方はOFFに……」(爆)
俺も母も三階です……;
小渕サン「その他から来た人ーーー?」
京都とか広島とか聞こえましたね。。
東京ーの声にはおおーって声が上がってました(田舎なんで)
……が、それに混じって何故か「くろちゃーーん」って声が……;
黒田サン「なんでやねん」(笑)
二人して笑ってます(笑)
黒田サン「きっとメッセンジャーやねんな」なんのやねん(爆)

ここでやっとメンバー紹介。。
山田マンだけマダガスカルとか言われてました(笑)
タロサまで終わって小渕サンが手を振り始めます。
コブクロ&バンドメンバー&ファン「ハッピーバースディ リオさーん♪」
前日がリオさんの誕生日だったんですよー。。
ケーキが運ばれてきて、ろうそくの火が吹き消されて、拍手~!!
小渕サン「じゃあこれを黒田に……」
黒田サン「あ、ろうそくだけのけて、刺さるから」顔に刺さったろうそくを抜く真似をしながら(笑)
黒田サン「さっき先に、リオさん誕生日おめでとーゆうたやつおるやろ!!びくびくするわ!!」
小渕サン「どきどきやね(笑)」
黒田サン「やからタロサにいくん早かった(笑)」
あ、そーいえば(笑)
小渕サン「前もリオさんの誕生日に、お祝いしよーってなって、皆にリオさんが入ってきたら………ってゆった途端にリオさん入ってくるんですよ!」
黒田サンがなんかいろいろ言い訳らしいことを言ってます(笑)
小渕サン「でも聞かなかった振りしてくれる」(笑)

もうここまででもそうとうしゃべってますよ?;
小渕サン「三階の一番後ろの席まで届くように歌います」
って言葉で2ブロック突入ー。。




4.「雪の降らない街」
コブクロにあまり興味がなかった父が初めて好きって言った曲。
キラキラした曲ですよね。。
最後の、「あなたに会いに行きたい」がすごく綺麗で、聴き入ってました…。

5.「永遠にともに」
とにかく良かった!!
ここらへんから聴きやすくなったのかな?
最初マイクの調子が悪かったみたいです;

6.「願いの詩」
「こんな時代でも」のとこ見合って合わしてて、ぴったり合ってました。。
最後のサビのとこで黒田サンが片膝ついたのがめっちゃかっこよかったです…!!

7.「桜」
イントロで鳥肌が立ちましたよ……。
今までの憂いを帯びた感じより少し明るい感じがしました。。
ちょっと早かったからかな……でも良かったです!
最後のほうでオフマイクしなかったのも理由かも。
しっかりと、あえて盛り上げて終わったので切なさよりも暖かさのほうが印象的でした。。
この曲は特に、よく見つめ合いますよね。。。




小渕サン「桜は僕らを見ててくれる」
    「桜を超す気にはならないんです、信じて歌ってきたから…」
小渕サンが桜に関してのいい話をしてるってのに、やっぱりOFFってる黒田サン(爆)
ずっと下見てましたから(笑)




8.「ここにしか咲かない花」
結構テンポ速くて、キーも高いのによくこんな声出るなーーって思う曲のひとつ。
さっきまでOFFってたとは思えないパワフルな歌い方に圧倒されました。。
最後の「そんな日を待っている」がものすごくかっこよかった!

9.「あなたへと続く道」
二人の足元に椿の花のライトがめちゃくちゃ綺麗でした……!!
切なげな歌い方がすごく良くて、胸が締め付けられました……。。
特にサビ、「会いたくて 会いたくて」と「どこまでも どこまでも」の黒田サンが……!
どこからそんな切ない声出てるんですか;
「輝いてた~この道を」のシメも二人の声が綺麗に響いてて、心の中にしみ込んでくるようでした……。。

10.「DOOR」
イントロが始まった途端、待ってました!!!とばかりに乗り出す俺;
すごく好きなんですよ;(笑)
「あなたへと続く道」とのふり幅にも驚きました。。
赤い照明と黒田サンも強い歌声がぴったり。。
「行くしかないだろう!」のかっこよさに震えました…。
今まで聴いた中で最高でした、特に二回目!!!
タロサもまーちゃんも楽しそうに、かつ激しく演奏してましたし。。
叫ぶようにドラムを叩くまーちゃんに釘付けでした(笑)

11.「風」
力強い「DOOR」の後にこのソフトタッチな曲を歌えるコブクロに乾杯!!
ストリングスのイントロで早くも鳥肌……。。
最後はオフマイクのアカペラでした。。
あれはもうね、反則です。
涙出そうでした、我慢しましたが…。。
拍手がなかなか鳴り止まなかったです…。。。




小渕サン「僕らはライブの空気が全てで、曲書いてって言われても伝えるものがないのに書けないと思って。一ヶ月時間もらったんですけど、結局書けなかったんです。」
    「なんかないんかって、黒田が覚えててメロディを弾いたのが風で。なんでそれを早く出さなかったのって言われたんですけど」
    「この曲は春やって、もう黒田が歌詞の方向までゆうてくるんですよね。だから、春というワードを真ん中において歌詞を書きました」
いい話ですねー……。。
お二人の信頼感が伝わってくるようでした…。。

……が、こっからが長かった…!!!!;
黒田サン「くたびれてますー、五分休憩しよか」
    「今日もようけうとたねーー」
まだまだありますって(笑)
しかも、何故だったか分かりませんが、「俺だけを見とけ!!」って言ってました;
「風に吹かれて」ではDon't Look at Me!(私を見ないで!)って書いたTシャツ着てたくせにーー(笑)
黒田サン「またゴム長みたいなんはいて」
小渕サン「ゴム長ちゃう!」
黒田サン「俺が空港の職員なら止めてんで」
小渕サン「お前やってたいっかん(体育館)シューズみたいなんはいてるやん!」
黒田サン「ちゃうやん!!」
客席から「かっこいいよ!!」
黒田サン「やろ?」
ここから足の話に……。
黒田サン「お前に足(のサイズ)29cmの奴の気持ちが分かるか?たいっかんシューズのサイズがないねん」
    「学年ごとで色とか違うのに俺だけバッシューやぞ!?」
    「数年に一度でかい靴が港につくねん。なんとかうちの子にっておばちゃんの争奪戦になる」
小渕サン「これチェ・ホンマンのね。川井さんのー。あ、これはジャイアント馬場さんの」
黒田サン「もしそんなんやったらすごいわ!なんでジャイアント馬場さんやねん(笑)」
客席休むことなく笑ってます(笑)

黒田サン「Mステ見た人ーー!」
はーーい(笑)
めっちゃ拍手しましたー(笑)
黒田サン「見てない人ーー?」
拍手してます;
黒田サン「おかしいやろ、観るやろ普通!!タキつば出てるねんで!!?」そこなのか!?(爆笑)
小渕サン「一部地域の人とかおるんちゃう?」
黒田サン「見てない人は横に……あ、一部地域の人も……」
小渕サン「なんで!」
黒田サン「ほら見てー?タキつばゆーたら興味津々やん。さっきの靴の話流してた人が、タキつば!!?ってなってる」
そこまでなってませんよーー。。
現に、終わったあとのロビーで、うちわ作ったらジャニーズっぽくなるからやだーって言ってた方いましたし。。
黒田サン「まぁでもね、人生で見た中で一番かっこええですよタキつばは」
小渕サン「こいつね、Mステでタラララ~~♪ってCM入るじゃないですか、そしたら……」
黒田サン「入った途端女の子たちが、タッキー!!翼ー!!って言い出すんですよ。お二人ともええ人やからね、はにかみながら手ぇ振ってて」
小渕サン「こいつそれで俺に、お前も言え!!ってゆうんですよ!」
黒田サン「やって……なんか見てたら、手ぇ振ってほしー……俺だけを見てほしー……って思ってん」
小渕サン「やからってなんで俺がいわなあかんの!」
うははは!!(爆笑)
もうここ最高でした!!
黒田サンなんなんでしょーねぇ(笑)

黒田サン「にしてもジャニーズはすごいですよ。何人くらいいたかなーー」
小渕サン「20人くらい?」
黒田サン「その20人くらいが、完璧に踊ってるんですよ。あれはもうプロやね」
小渕サン「でも、一番端の子がな……」
黒田サン「なんかちょっと違うねんな(笑)」
小渕サン「ワンテンポ遅いねん」
黒田サン「完全にフリ覚えてない。隣の人見てついてってる」
    「こいつずーっと、あの子また間違えてる。俺タキつばばっか見てるのに」
ここのMC、やっと1/3です;
黒田サン「俺があと20若かったら入ってるのにー…」
小渕サン「ジュニアに入れへんのちゃう?でかいから」
黒田サン「膝立ちで……」ほんとに膝立ちしてます(笑)
小渕サン「ジュニア&ジャンボになるんちゃう?Z.Z.とか、ジャニジャンとか」
なんかかっこええんちゃいますか?(笑)
ここでMステネタは一段落。。

黒田サン「あーあ」溜息ついちゃったよ;
飛行機で香川に来た話が始まります。。
黒田サン額にJALって書いてる、とか、ドカーンとついた、とか言ってますがいまいち受けず……;
「もうええかな…;」って諦め気味(苦笑)
小渕サン「お前は簡単に諦めるなー」
黒田サン「空港でな、外山さんが、これ違う鞄や!!って。おんなじ型の、おんなじ柄の鞄やってん。外山さんが間違えて違う鞄とって、空港の人がたまたまそれを見過ごすんてすごい確立やと思わん!?」
会場の反応薄め……;
黒田サン「………あんま興味ない…?;」
なんか拗ね気味の黒田サン、またマラソンの一番最後の人にたとえてます;
「こけてへんわ!!」とかゆうてます(笑)
客席「頑張れーー!!」
黒田サン「頑張れちゃうわ!!」
    「何の話やったっけ?;」
本気で何話してたかわからんようになってます(笑)
黒田サン「ちっ(舌打ち)話がわからへんよーになった!!!」
もうここは爆笑の渦!!
すでに笑い泣きしてました~~;

話は変わって、何故かもつ鍋の話へ。。
黒田サン「皆もつ鍋知らんよなーー。持つ鍋ちゃうでーー?」
知ってますよ失礼な!!(爆)
黒田サン「そこで宇治金時出てな?宇治金時は知ってるよな?はい興味ない人は横出てーー」(笑)
    「その宇治金時に、白玉が乗っててん」
小渕サン「そしたらうちの外山さんが、健坊これイカかって」(爆)
黒田サン「イカか、イカか、って!」(爆!)
小渕サン「ちっさい声で、イカか」(爆!!!)
黒田サン「イカが宇治金時に乗ってるわけないやん!!(爆笑)」
イカって………!!!
しっかりしてください外山さん!!!(爆笑!!)
小渕サン「でね、僕は外山さんが、イカか白玉か訊いてるんかと思て、白玉ですよってゆうたんですよ。そしたら……白玉て何?って……」
黒田サン「知らんのですよ白玉を!!」
会場からざわめきと笑いが起こります(笑)
黒田サン「ここでさっきの話とかかってくる。外山さんの人生40年で白玉に出会わん確立ってすごない?そんで初めて出会ったときに俺らが居合わせるんもすごない?」
会場から笑いと拍手が!(笑)
さすが黒田サンです、ここでかける気だったとは……!!
小渕サンも相当笑ってらっしゃいますよーー(笑)
小渕サン「そんで、外山さんが白玉食べて、あ、おでんに入ってるやつや(爆笑)」
黒田サン「入ってへん!そんなん聞いたことないわ俺ー(爆笑)」
おでんて………断じて入ってませんから!!
もうここら辺は笑いすぎでゼーゼー言ってました……(汗)
黒田サンもここで膝をつき、続いて小渕サンも(笑)
完全に笑いのピークでしたね(断言)
立ち上がりながら黒田サン「おでんに白玉やで?宇治金時にイカやで?ありえへん!!(笑)」
って言ってました(笑)

黒田サン「しゃべったな~…。休憩してきまーす」
袖のほうに行こうとする黒田サン(笑)
小渕サンが軽く止めてます(軽~く笑)
こーゆー流れだときっと……。。
黒田サン「香川のある弁当屋がうまいってゆーたら、そこの店主がコブクロのファンでグレードアップしてくれた。こーゆーんは俺が一番嬉しいからね。あーーすっきりしたー」
やっぱり(笑)
まだトークは続くんですね;
こっからはうどんトークに。。
客席「うどん食べたーー?」
小渕サン「食べましたよーお昼に」
客席「おいしかったーー?」
小渕サン「そりゃ………あ、どこが一番おいしいんですか?」
この質問に会場はしーーー…ん(汗)
小渕サンこけてます;
小渕サン「香川の人は適当なとこがある!前もそうや、タクシーのおっちゃんにうどん屋まで乗せてってくださいってゆうたら、ええよーって。あそこのうどん屋はうまいでーなんたって水がちゃうからってゆったくせに、俺は食べたことないけど、って!」
何回か聞いたことある話です(苦笑)
言っときますが、香川県民が皆このタクシーのおっちゃんみたいなのではないです!
一番おいしい店を答えられなかったのは、それぞれに好みがあって、結局どこもそこそこおいしいからなんです。。
…………言い訳じゃないですよ?;
客席「どこいくんーー?」
黒田サン「もうええって!!」
    「香川やったら全部うどんの話題出したらええと思ってるやろ。香川はうどんだけちゃう!大阪はお好み焼きだけちゃう!頑張ってる!負けてへん!!」
最後のほうのテンションは確実におかしかったです(爆)

小渕サン「あなたへと続く道が、椿山課長の七日間に使われることになりました。是非観に行ってください!」
拍手~~~。。
小渕サン「西日本さんと電報を三つ作りました。これは僕のギターが……」
黒田サン「嫌やー俺なんもしてへんみたい」
小渕サン「なんもしてへんやん!ポテトチップス食べてたやん!!」(爆)
    「友達や家族の方に、是非送ってあげてくださいーー」
再び拍手~!

ここで急に客席から声が。
客席「前のアンケートの結果はーー?」
黒田サン「クラスの友達か!!」(爆)
この日はどうしてか声かける人が多かった…。
でも、それはそれで面白かったですよ、俺は名前呼んだり話しかけるのはいいと思います。
空気さえ読んでくれれば、ですが。
小渕サン「前回も結構高かったですよー?」
何%か聞こえなかったですが拍手起きてました;
小渕サン「回収率100%目指してます」
黒田サン「100%てどーゆーことか分かる?僕くらいええわーとかゆうんが一人おったらあかんねん。あなたが欠けたらあかんねん」
小渕サン「うわ、日本公共広告機構みたいや」(爆)
黒田サン「(笑)あなたが欠けたらだめなんです。AC-」(爆笑)
………あなたたちは天才です…!!!(褒めるとこ違う)

そしてやっとコブクロドットコムへ…。
客席「立ちたいーーー!!」
黒田サン「なんやそれ。自分だけ立ったらええ。恥ずかしい思いしたらええ。ゆとり教育ちゃうぞ。嘘ですよ~~v」(爆!!)
なんですかそのアメとムチ(笑)
最後があまりに可愛かったです(ぇ)
小渕サン「コブクロドットコムーー!!」
客席「コブクロドットコムーー!」
黒田サン「何度でもやりますよー」
小渕サン「あ、垂れ幕ー」
三階の、俺がいるのの反対側、右もみあげ席で、kobukuro.comを垂れ幕にしてる人がいたんです。。
小渕サン「アクセス数増えるなー」
ファンをいじり始めた途端に、声が飛ぶ飛ぶ(苦笑)
客席「コビィーー!!!」
黒田サン「街中でコビィって呼ぶぞ!」
客席「クローー!!!」
黒田サン「黒田でいいですー」
受け答えはプロですね……さすが黒田サン(笑)
でもここから脱線していきます…;

小渕サン「でもよー、コビィって一応kobuにy付けてコビィって語源があるやん?やのに前掲示板に小人のコビィって書かれててん……」
黒田サン「小人のコビィ!!!?」(爆笑)
客席も爆笑!
小人ってのはひどいですよね~;
黒田サン「ロード・オブ・ザ・リングに出なあかんやん、コビット族で(笑)」
小渕サン「よく調べると、小渕小学校ってあるんですよ。でも校章に、小渕小さいって書いてある」
嘘や~~って突っ込みました(爆)
黒田サンめちゃめちゃ笑てます(笑)
黒田サン「俺なんかたいっかん(体育館)の近くに落ちてた赤白帽拾てみたら、白田俊介って!その瞬間固まって、会ってみたい……友達になりたい………って思たもん」
小渕サン「きっとその子はお前と真逆なんやろな。無口でよ、真面目でよ、そんなサングラスかけてなくてよ」
黒田サン「黒と白ってそんな意味ちゃうやん;」
小渕サン「なんやねんそのバイクレーサーみたいなん。日照権の問題か?」
バイクレーサーて……(笑)

黒田サン「はよコブクロドットコムいこやー、小人のコビィさん」
小渕サン「うるさいわ!!」
やっと本題に戻ってきましたよ;
黒田サン「立ってみよかなー……もっかい座れ!(椅子直すマネしながら)そんなもん後でええ!」
で、もっかい立たされました;
これは定番ですねー(笑)
小渕サン「じゃあいくでー?コブクロドットコムーー!!」
客席「コブクロドットコムーー!!!」
黒田サン「ええんちゃう?」
小渕サン「じゃあ今度はリオさんが写真撮ってくれます」
黒田サン「髪とかええから!」(笑)
小渕サン「ねぎ付いてる、てんかす付いてる」(爆)
    「コブクロドットコムーー!!」
客席「コブクロドットコムーーー!!!!」

黒田サン「しかししかしだがしかし、盛り上がっていきましょう!!」
    「うどんのこしがいいのも今日のため!小渕サンどーぞよろしくお願いします!」
なんなんですかそのしゃべり方(笑)
とにかく、長い長いMCが終わって第四ブロックスタートですー。。




12.「宝島」
サビのとこ、あんまり苦しそうじゃなくなったなーって感じた曲。
無邪気な感じもありますよねー。。

13.「太陽」
この曲はねー黒田サンが端まで来てくれて、上、二階と三階に手ぇ振ってくれたんですよーー!!
わーー!!って手を振ってたんですが、ファンの反応の大きさに笑ってらっしゃいました;

14.「神風」
エレキ構えてライト当たった……のに音が出ない(爆)
「香川ではこんなアクシデントもあります」って笑ってやり直す小渕サン、男前です…!
たぶん、前のMCでちらっと話した、太陽君が生まれたのも香川公演のとき……っていう話にかけたんですね。。
こんなかっこいい曲調なのに歌詞が可愛い(笑)

15.「memory」
三階で跳びましたよー……;
母は無理って言ってましたが、恥ずかしげもなく跳びました;
黒田サンの「ジャンプ!」が、やっぱり「ちゃうねん!」に聞こえる……;(笑)

16.「轍」
イントロがきて、やった!と(笑)
実は、この曲からファンになったんですよ;
すごい盛り上がりで、しかも黒田サン歌わせる歌わせる!!(爆)
何回繰り返したんですかね、まだいくの!?って三回は思いました(ぇ)
ワンマイクはなくてちょっと残念………;
でもチェッカーフラッグかっこよかった!!




そしてアンコール。。
二人がいなくなってすぐ歌いだす会場のファンたち。
なんか気持ちが良かったです。。
力いっぱい、何回も歌ってると、やっとコブクロ登場。
小渕サン「アンコールありがとうーー!!」
客席から男性の声で「黒田ーー!!」
黒田サン「呼ぶな!!」(爆)
なんでやねんーー(笑)
黒田サン「ゆっときますけど月極借りてますから!」

小渕サン「やっぱり僕たちはライブが全てで、だから今日いる皆とまた次のライブで会いたいと思ってます」
    「次も来てくれるかはこれからの僕らの歌で変わってきます。だから、次も皆に会えるような歌を歌っていきたいと思います」
拍手~~!!
お二人にずっとついていかせてください……!!
小渕サン「次歌うのは新曲です」拍手!
    「音楽を通して、本来会えない人に会え、それを楽曲に落としてきました」
こういう、ファンや周りの人の大事にする心と、音楽を愛する心、伝えようとする心を持って歌い続ける限り、コブクロがどんな曲を出そうと今のファンたちはついていくと思います。




17.「風見鶏(新曲)」
この曲は今のコブクロそのままでした。
優しくて静かな、でも向かい風に向かっていく風見鶏でありたい、そういう歌です。
譲れない思いがあるから、周りの優しさや笑顔を守っていくんだ、と。
小渕サンにしか書けないですね、この歌詞は。
そして黒田サンにしか歌えない。
何故か言葉の重みをさらに感じる曲でした。。

18.「未来への帰り道」
なんか、この曲「雪の降らない街」の後だったようにも思うんですが…;
てかメモにはそう書いてあるんですが、信頼しているサイトさんがこの順で書いてたので;
ま、間違えてても許してやってください…!;

19.「YELL」
最後の掛け合いがめちゃかっこよかったです……!!
最後にこれかぁ!!って感動;;




「YELL」の後、拍手がなかなかやまなくて、お二人とも20秒くらい頭下げてました……。
その姿にまた感動し、拍手は続き……。
長い拍手の後、全員で礼。
こっちも礼しそうになりました(苦笑)
黒田サンが、袖に向かって歩いてたのに戻ってきて「またライブで会いましょう!」
忘れてたんすか(笑)
小渕サンが袖で振り返って拍手するから、詰めていってた黒田サンのけぞってましたし(笑)
最後まで楽しめました、ありがとう…!!

あ、ちなみに予定から45分くらいオーバーして、初ライブの友達二人が驚いてました;
コブクロだけだよこんなにのびるの;(笑)







ここまで付き合ってくれた優しい方、ありがとうです!
あなたはほんといい人です……!!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<新たなる挑戦 | HOME | レポの前に>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-11-17 Fri 22:53 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。