HIPPOPOTAMUS

コブクロを愛する河馬の戯言置き場。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「同じ窓から見てた空」

Feel easy just seeing you sometimes.
Feel comfy just being with you some time.
Only a few minutes are enough to bring us back those good old days.

時々会えれば それでいいんだ
一緒にいるだけで解り合えるんだ
ほんの僅かな時間で僕等は いつだってあの頃に戻れるのだから

こんなふうに言える友達がいたらいいなぁと、「同じ窓から見てた空」を聴くたびに思います。
近い将来、自分が同窓会に行ったとき、こんなふうに語り合い笑い合う輪の中にいられていればいいな。
やっぱり自分にふりかかることが生活の中心になってしまうから、離れてしまえばどんなに仲が良くても話が合わなくなりますよね?
女性なら特にそうかもしれません。
でもそんなの関係なく、あの時あんなことしたよなって笑い合える友達って、いいなって思います。
頑張ってるよって言わなくても、苦しいって伝えなくても、顔を見ればすぐ分かってくれる。
頑張れなんて言わなくても、苦しいかなんてきかなくても、肩を叩けば分かってくれる。
幸せなときは会いたいなんて思わないのに、苦しいときは無性に顔を見たくなる。
会っただけでほっとしたり、涙が出そうになる。
そんな友達がいっぱいいる人はきっととても幸せな人で、そしてきっと、日々精一杯頑張ってる人なんでしょうね。
最近自分がどんなに周りに甘えているか痛感することが多いです。
自己嫌悪に陥ったり、周りに謝ってまわりたくなるときがあります。
それは、自分の頑張りが足りないことに気付けているからなんですよね。
嫌われたりうざがられたりすることを恐れるのは、自分の悪い部分が見えているからなんですよね。
もう少し頑張れよ、自分。。
一人で泣く日にも慣れたんだから。
愚痴をこぼさず、ネガティブを笑い飛ばしていける大人になりたい。
幸い俺は、友達と離れることは経験したし、心休まらない中で過ごす術も覚えました。
弱音を吐けない人間関係や、久しぶりに会った友達が気まずそうにする表情も知っています。
自分の日常さえ知らない友達に弱音を吐いたところで何も変わらないってことにも、数日前に気付きました。
だから、時々会えればそれでいいんです。
言葉にする必要なんかないんです。
ただ笑い合うことができれば十分なんです。
「同じ窓から見てた空」が指してるのはこのへんのことなのかな?っと思った、夜中の河馬でした(笑)

うーわ、また長くなってしまった…………;;
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あー日付変わっちゃった;; | HOME | 悩み……;;;;>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。