HIPPOPOTAMUS

コブクロを愛する河馬の戯言置き場。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

走り出す君の手を掴んで(暗い、かも)


人って怖い。
無意識に誰かを傷付け、相手のものを奪う。
無意識だからこそ恐ろしく、人の本質だからこそ恐怖でもある。
俺は誰かを傷付けるのが心底怖い。
自分の口の悪さと軽はずみな行動を幾度となく恨んだ。
そして、その自分は嫌われて当然だと…誰からも必要とされるわけがないと、いつも思う。
なら何も望まなければいいのに、関係を築かなければいいのに、それをする強さもない。
周りから見れば、どれだけ俺はウザいんだろう…。
こういうことを友達に話して、被害妄想だって言われたことがある。
そうかもしれないけれど…。
俺は自分のことを信じていない。
だから、自分が信頼されたり愛されたりしても、信じられないことが多い。
誰かが傷つくと、全部俺のせいだと思いこむ。
こんな自分を好いてくれるはずがないからと。
自分が大嫌いなくせに、そんな自分が可愛いんだ、きっと。
俺って最低。
ほんとに最低。

 

優しくなりたい…。
誰からも嫌われない人生はありえないけれど、嫌われるだけの人生は嫌だから。
自分に厳しくなりたい…。
周りを見て、判断して、色んな人に優しくできるように。
誰かにもたれかかる勇気が欲しい。
信頼が欲しい。
誰も傷付けない言葉と心が欲しい。
このままの自分で生きていけるほど、この世界は甘くない。
自分に妥協して叶えられる夢じゃない。
せめて、最低じゃない俺になりたい。

 

自立した大人になるのが、小学生からの俺の夢。
あの頃はただ、強く強くと願った。
今は…ただ人に優しくありたい。
俺は誰かを助けたくて、教師になる道を選んだはずだ。
苦しみならいくらでも背負ってあげるよと言える大人になりたくて。
甘やかすんじゃなく、突き放すんじゃなく。
弱音をはく場所でいいから、役に立てればそれでいい。
俺はちっともすごい人間じゃないし、まだまだ子供で未熟だから、誰かの為にできることなんてそのくらいしかない。
傷付けることがマイナスで、役に立てることがプラスなら、今はまだ大幅にマイナス。
いつか、少しでもいいから、プラスを出したい。

 

俺はずるいから、人を傷付けたくないのはたぶん、嫌われたくないだけ。
人の役に立ちたいのは、そうすることで誰かの優位に立てるからかもしれない。
必要とされたいだけかもしれない。
それでも…俺の存在が役に立たないなら、傷付けるだけなら、消えた方がましだと思っているのも本当。
だから精進しなくちゃいけない。
そばにいたい人がいる、大事な家族と友達がいる。
…失いたくないから。

 

 

まだ踏ん張れ、俺。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<輪になって腰を下ろしたお決まりの顔ぶれ | HOME | お互い遠慮だらけさ 思いやりなんか前に出したら暑苦しいね>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。